あらい水平な床の上で質量mの物体初速度Voで滑らせた

あらい水平な床の上で質量mの物体初速度Voで滑らせた

あらい水平な床の上で質量mの物体初速度Voで滑らせた。1動摩擦力がした仕事Wは、運動エネルギーの変化となるので。物理の仕事の問題 あらい水平な床の上で、質量mの物体初速度Voで滑らせた 物体床の動摩擦係数μ& x27;、重力加速度の大きさgする (1)物体静止する動摩擦力た 仕事m、Vo用いて表せ (2)物体静止する移動た距離g、μ& x27;、Vo用いて表せ いう問題なのやり方わかりません 詳く よろくお願います 1。図のようになめらかで水平な床の上にこ質量の小物 体と,質量の
なめらかな斜面をもつ三角台を置く。 三 角台は床に対して最初静止していた。
三角台に向かって小 物体を。で滑らせたところ,小物体は斜面を登り
はじめ,

1動摩擦力がした仕事Wは、運動エネルギーの変化となるので W = 0-1/2mV02 = -1/2mV022摩擦力は-μ'mg滑らせる方向を正移動した距離を L とすると仕事は、力×距離なので、 W= -μmgL∴ -1/2mV02 = -μ'mgL∴ L = 1/2V02/μ'g

  • 男性の本音 彼氏にしたくない男性の趣味ランキングで1位が
  • セルシオ20系後期 31系セルシオ13年式のスマートキー
  • GENELECG 画像の端子にスピーカーの線を直接つない
  • 忌服期間は何日間 この動画に出ている人でお亡くなりになっ
  • 住民票の写し等の交付 持ち物に住民票のコピーとあるのです
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です