地方財政制度 中国の地方財政の特徴問題点ついて分かりやす

地方財政制度 中国の地方財政の特徴問題点ついて分かりやす

地方財政制度 中国の地方財政の特徴問題点ついて分かりやす。独裁国家の地方なので、小さな独裁者がやりたい放題です。中国の地方財政の特徴問題点ついて分かりやすく [現代中国経済]。この章ではこれまで部分的にしか説明してこなかった改革?開放後中国の財政と
金融の仕組みおよびその問題点を概説します。なお。中国そこで最初に中国の
行政機構について簡単に説明しておきましょう図-。 図-ページの
トップ — 中国の国家財政 中央と地方 次に。中国の国家財政の特徴を簡単
に説明します表-。 表-この図は一人当たりと一人当たり財政支出
の関係を見たものですが。中国の地方財政は二重構造になっていることが分かり
ます。地方財政制度。国民生活に密接に関連する行政はその多くが地方公共団体の手で実施されており
。地方財政は国の財政と並ぶ車の両輪国民が負担している租税については。
国税と地方税の比率が約3。2となっていますが。地域間の財源の均衡を図る

中国における地方財政構造の現状と問題点。例えば,佐藤は 年分税制以後の省政府と下級政府の市,県,郷鎮
との間の税源配分と 財政力格差の問題を分析した。津上は,分税制が
招いた基層財政 の破壊とそれによる地方の公共サービス提供への支障について
論じ

独裁国家の地方なので、小さな独裁者がやりたい放題です。手柄を上げて、中央で出世するために、目先の結果を求めて、インフラや都市建設などの巨大なプロジェクトをやりがち。新幹線も天文学的な赤字を日々積み上げてますね。問題点は、失敗を認めなられないこと。独裁国家なので。だから、失敗を隠蔽するために、失敗を積み重ねていっていますね。中央の独裁組織も、地方の実情を把握できないようです。いい報告だけ上に上げるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です