asahi っ日中戦争起こた近衛文麿ソ連のスパイいう俗説

asahi っ日中戦争起こた近衛文麿ソ連のスパイいう俗説

asahi っ日中戦争起こた近衛文麿ソ連のスパイいう俗説。西安事件が失敗した、あるいは起きなかったら、1937年春頃までに、蒋介石の国民革命軍は、毛沢東の紅軍を撃破殲滅し、夏までに滿洲?内蒙古をのぞく中国全土を統一していたでしょう。西安事件失敗終わっていたら、中国共産党完全消滅中華民国存続ていよね
そうする、中国史実発展ていたでょうか
中国共産化なければ、アメリカ 中華民国支援する予定だったため、戦前産業発展ていた史実の日本ほどでなく、史実の台湾くらいのスピードで発展する気ます
逆日本、朝鮮戦争発生の可能性低く、アメリカの支援期待できないため、発展するのの史実ゆっくりいった感じでょうか
戦前の技術の積み重ねあるため、遅れるこ無い思
っ、日中戦争起こた近衛文麿ソ連のスパイいう俗説採用する、西安事件失敗た時点で共産化の道断たれるため、そそ日中戦争太平洋戦争起こらない可能性けどね、あく俗説けど
皆さんどう考え JOG263。近衛文麿を操った「見えない力」□ 昭和18年4月。衆議院議員?三田村
武夫は近衛文麿 を訪れて。戦局。時局の問題について懇談した際。 この戦争は
必ず負ける。日独と 米英の間での「帝国主義戦争」が始まれば。共産主義者の
祖国 ソ連は無事であり。また敗戦国ではその混乱に翌昭和年12月に
突如として起こったのが。西安事件 であった。東亜共同体」の謀略□ 昭和
12年7月。蘆溝橋事件北京郊外での日中両軍衝突。 日本軍と国民党軍を戦わ
せるため

っ日中戦争起こた近衛文麿ソ連のスパイいう俗説採用する西安事件失敗た時点で共産化の道断たれるためそそ日中戦争太平洋戦争起こらない可能性けどねあく俗説けどの画像をすべて見る。asahi。だが36年12月。抗日のため内戦停止を求める張学良らに西安で監禁された
西安事件。日本敗戦後の49年。共産党との内戦に敗れると台湾に逃れ。
死去するまで初代中華民国総統を務めた。直後から始まった日中戦争では戦線
を拡大させ。南京攻略翌月の38年1月には「爾後じご国民政府を対手とせ
第3次内閣で日米和平交渉に失敗して総辞職する。戦争開始時の首相は近衛
文麿このえ?ふみまろ。国民的人気に迎えられてその座についたばかりで
ある。

第五章。しかし。国家社会主義であるドイツ。日本。社会主義を奉じるソ連は思想的には
同一である。そのような国際情勢の中。近衛内閣は九月二十三日。仏印進駐に
踏み切ったのである。た。次々と商売に手を出し失敗する。日本陸軍は
蒋介石に対する補給ルートを断つためにフランス領インドシナに進駐したという
名目を立てた。しかし。驚くべきことが起った。しかし。その為には日本の
指導者である近衛文麿が一旦。日米開戦を決定した以上。日中戦争を決定した
以上。泥沼に踏み込んだ日中戦争。泥沼に踏み込んだ日中戦争 昭和十二年一九三七四月。衆議院議員総選挙が行
われた。結果は。林銑せん十郎首相の期待に反し。政府色の濃い昭和会の
当選者は十八名で。政友?民政の両野党が大勝を博した。この形勢から。林内閣

西安事件が失敗した、あるいは起きなかったら、1937年春頃までに、蒋介石の国民革命軍は、毛沢東の紅軍を撃破殲滅し、夏までに滿洲?内蒙古をのぞく中国全土を統一していたでしょう。さてそこからです。統一を成し遂げた中華民国を日本、特に関東軍がそれなりに評価すれば、日華間の交渉が進み、37年7月の盧溝橋事件も「丸く」おさまっていたでしょう。つまりその後の日華対立はなかった可能性もあります。その後、米国等の援助で国内をまとめた蒋介石は、滿洲を支配する日本にどうでるか。もともと満洲地域に興味のなかった蒋介石が、満洲国を条件付きでみとめれば日華友好→、同盟化もあり得たかも知れません。しかし関東州奪還を目指して戦闘に陥ると、またドロ沼です。可能性が高いのは、蒋介石が国共内戦終結後、十年は国内の立て直しに専念することです。そのうち、国府内の親日派に日本が働きかけ、なんとか満洲国の承認を認めさせるとするでしょう。その後はちょっと難しいのですが、日本はやはり三国軍事同盟を結んで、米国とは対峙すると思います。日本はソ連と中立条約を結ぶかどうか……。ちと難しいですね。仮に失敗に終わってしまったら、中国は日本に占領されてしまっただろう。独自で日本に対抗できないから手を組んだのが国共合一なんだから、手を組めなければ各個撃破されるだけだ。日本が広い中国を維持できたとも思えないので、いずれかの段階で中国人が中国を奪回しただろうが、その場合今より発達した国を作れたかどうかは疑問符がつく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です