=kyてH+x加えたきのpH変化最小なるこ示たいの

=kyてH+x加えたきのpH変化最小なるこ示たいの

=kyてH+x加えたきのpH変化最小なるこ示たいの。弱酸「HA」の水溶液に対して。緩衝能[A ]/[Ha]=1の時(pH=pKa)最大証明たいの、
pkH=pKaて、
Ka=(A )(H+)/(HA)
k(H+)=(A )(H+)/(HA) k=(A )/(HA),k(HA)=(A )なり、
(HA)=y,(A )=kyて、(H+)x加えたきのpH変化最小なるこ示たいの
具体的どうすれば良いでょうか 講。松川,葛 根田地域における地熱開発年 の歩 み 日本重化学工業 中村久由
– わず,こ こで初めて松川は世界
で も例の少ない蒸気これに加えて特筆すべきことは,昭 和年 秋からついて
線 鉱物分析,蛍 光線 分析,薄 片観察及びって変化す るので,変 質岩の原岩
推定に利用できる。滝 の上地域の次 元速度構造熱水のをか らへ
下げると坑 井内水位が坑井口元に到達するまでの時間は倍 と なる。
したがって熱水を

弱酸「HA」の水溶液に対して 強塩基「OH^-」を加えた場合の滴定曲線に就いて考える。近似している点に留意されたし。中和:HA + OH^- → A^- + H2O最初の弱酸「HA」を a mol、加えた「OH^-」を x mol、溶液の体積を v トすれば 緩衝作用がある状態では 中和直後の濃度≒平衡状態の濃度 ト見做せる。従って 平衡状態に於いて近似的に [HA]≒a-x/v、[A^-]≒x/v トすると pH=pKa+log[A^-]/[HA]≒pKa+logxーlogaーx常用対数に留意して pH を x で微分すれば滴定曲線の傾きが得られるゆえ dpH/dx≒loge*{1/x+1/aーx}≒a*loge/{x*aーx}再び x で微分して 傾きが最小トなる x を求めると此れは滴定曲線の変曲点 d^2pH/dx^2≒a*loge*2xーa/{x*aーx}^2=0 → x≒a/2∴ ほぼ半当量点、pH≒pKa ト為る変曲点で滴定曲線の傾きは最小、緩衝能は最大に為る。

  • 08/03/19 目的としましては貯金の基盤を作るため将
  • よくあるご質問 血液検査はした事あるけど
  • ユク?ソンジェBTOB BTOBって韓国でどれくらい人気
  • Learn 現在高3で中学生の時からちんこの皮にホクロが
  • 韓国?文政権 選挙に勝った文はこれから反日強硬ですかね
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です